2007年03月28日

スタローン、ロッキー終了宣言「30年の旅終わる」

映画「ロッキー・ザ・ファイナル」(4月20日公開)で監督・脚本・主演を務めた米俳優、シルベスター・スタローン(60)が26日、東京・内幸町の帝国ホテルで来日会見を開き、「ロッキーの30年の旅が終わる」とシリーズ終了を宣言した。
 シリーズ第1作(昭和51年)から昨年で30年。第6作の今作は、昨年12月の全米を皮切りに、世界40カ国で公開された。PRで10カ国を回ったスタローンは「プロモーションも日本が最後。明日から『ランボー』(シリーズ第4作、来年全米公開)の撮影で(タイの)ジャングルに戻ります」と感慨深げだった。
 会見にゲストとして駆けつけた女優、壇れい(35)から「(スタローンは)目が優しく温かい雰囲気をお持ち。あこがれです」と“ラブコール”をもらうと、「サンキュー!」と大照れしていた。

引用【iza:イザ!】
posted by けん at 08:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37057368

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。