2007年03月27日

凛子、今度はトップの顔…セレブ向け女性誌表紙

映画「バベル」(4月28日公開)で一躍、国際女優となった女優、菊地凛子(26)が、あす28日発売のセレブ向け女性誌「ハーパース・バザー日本版5月号」(エイチビー・ジャパン刊)で表紙を飾っている。
 同誌は、米国版が140年の歴史を持ち、表紙はニコール・キッドマン、マドンナ、シャロン・ストーン、ジェニファー・ロペスら世界のトップセレブが登場している。
 凛子が表紙を飾るのは日本版のみだが、誌面ではレッドカーペット前のパーティーでナオミ・キャンベルに会った話や「(画家の)エルテの描く人物のよう」と絶賛された黒いドレスを選ぶまでのエピソードも披露している。
 そんな凛子は、今月初旬に、凱旋会見や約50もの媒体の取材をこなし、すぐに米アクション映画「ザ・ブラザーズ・ブルーム」(ライアン・ジョンソン監督)の撮影のため、ヨーロッパへ旅立ったという。
 ロケ先のセルビアの首都、ベオグラードから所属事務所に入った連絡では「よく眠れるし、食べ物もおいしい」とご機嫌。同作品では詐欺師兄弟のセクシーな相棒を演じている。

引用【iza:イザ!】
posted by けん at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女優紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。